【国頭】本島最北端の商店街に活気をもたらそうと、通りで店を構える商店でつくる辺土名大通り会(宮里芳登(よしのり)会長)が13日、発足した。同日開かれた設立総会には、地域の人々や店主、行政関係者ら約60人が駆けつけ、花いっぱい活動や歩行者天国、イルミネーションなどの事業計画を決定。