防衛省は20日、南西地域の警戒監視体制の強化を目的に、航空自衛隊那覇基地に早期警戒機(E2C)を運用する603飛行隊を新設した。E2Cを4機程度配備し、2015年度末までに隊員約150人を配置する。