【石垣】「海のダイヤ」と呼ばれ、高値で取引されるクロマグロ漁が八重山漁協で始まり、水揚げ2日目の21日、早くも最大級の342キロの大物が姿を見せ、漁協内が活気に沸いた。  釣り上げたのはマグロはえ縄漁船「恵美丸」の具志堅用治さん(57)。