沖縄タイムス+プラス ニュース

「お父さんは幸せだったんだろうね」 故・翁長前知事、那覇市の名誉市民に

2019年2月27日 12:16

 那覇市は27日、市長として4期14年間(2000年12月1日~14年10月3日)務めた故・翁長雄志前知事を那覇市名誉市民に顕彰した。12人目の名誉市民で、市長経験者では6人目。

城間幹子那覇市長(前列左から2人目)と記念撮影する翁長樹子さん(同3人目)や、故・翁長雄志前那覇市長の家族ら=27日午前、那覇市議会

城間幹子那覇市長から顕彰状を授与される、故翁長雄志氏の妻樹子さん(中央)=27日午前、那覇市議会

城間幹子那覇市長(前列左から2人目)と記念撮影する翁長樹子さん(同3人目)や、故・翁長雄志前那覇市長の家族ら=27日午前、那覇市議会 城間幹子那覇市長から顕彰状を授与される、故翁長雄志氏の妻樹子さん(中央)=27日午前、那覇市議会

 市議会で同日あった顕彰贈呈式には、妻の樹子さん、長男の雄一郎さん、次男の雄治さん、次女の志野さんが出席。城間幹子市長から、樹子さんに顕彰状と名誉市民章、翁長俊英議長から紅型の壁掛けが贈られた。

 樹子さんは「67年の短い人生だったが多くの人がしのんでくれて、『お父さんは幸せだったんだろうね』と家族で話している。ふるさと沖縄のために、みんなでいろんなことを話し合いながら、手を取りながら頑張っていけたら。それを(夫は)見ていて、喜んでくれると思う」と話した。

 城間市長は「市民や職員に寄り添いながら市政発展に多大な功績を上げた。いつまでも本市の発展を見守ってほしい」。翁長議長は「保革を乗り越え、市民県民の心を一つにした。言葉も力強く、心に響くものがあった。あらゆる困難に立ち向かう姿勢は多くの人々に影響を与えたと思う」と話した。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS