沖縄タイムス+プラス プレミアム

米軍流弾事件:河野外相「不十分な手順で発射された」

2019年2月28日 12:00

 昨年6月に沖縄県名護市数久田の農作業小屋で米軍の銃弾が見つかった流弾事件について、河野太郎外相は27日、衆院予算委員会第三分科会で「米側から原因はレンジ使用の規則を守らず、不十分な手順で発射された」と報告を受けたことを明らかにした。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目トピックス