沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ10機帰還 普天間訓練激化

2014年4月24日 07:20

 【宜野湾】米軍普天間飛行場のMV22オスプレイ10機が23日午前、同飛行場に相次いで着陸した。海外での演習から戻ったとみられる。その後、訓練が激化した。

相次いで着陸するMV22オスプレイ=23日正午すぎ、米軍普天間飛行場

 帰還したのは尾翼に「竜」の文字がある部隊で、午前9時ごろに6機、同10時すぎに4機が相次いで帰還した。同9時すぎに「虎」の部隊5機が離陸したほか、帰還機のうち6機も訓練を開始。那覇市浦添市上空も通過した。

 滑走路南側にある宜野湾市上大謝名区の大城ちえ子自治会長は「公民館に来る人が口々にうるさいと言っている。最近は静かだったのに。この振動はたまらない」と声を落とした。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間