武田博史沖縄防衛局長は24日の記者会見で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に向けた手続きの中で、防衛局が名護市に提出した許可申請などに回答期限を設けたことについて、「関係機関との協議を速やかに実施し、事業期間を少しでも短縮するため」と理由を語った。