「日本最大級100万輪のブーゲンビレア」をキャッチフレーズに「おきなわブーゲンフェア」(主催・東南植物楽園、共催・沖縄タイムス社)が3月2日から4月7日まで沖縄市の東南植物楽園で開かれる。

高さ8メートルの特大ブーゲンタワー=2018年4月、沖縄市知花・沖縄東南植物楽園(同園提供)

おきなわブーゲンフェアの来場を呼び掛ける新垣翔子さん(左)と長田奈美江さん=沖縄タイムス中部支社

高さ8メートルの特大ブーゲンタワー=2018年4月、沖縄市知花・沖縄東南植物楽園(同園提供) おきなわブーゲンフェアの来場を呼び掛ける新垣翔子さん(左)と長田奈美江さん=沖縄タイムス中部支社

 赤や白、ピンク、オレンジなど色とりどりの約600鉢を使った高さ8メートル、幅11メートルの特大ブーゲンタワーが昨年に続いてお目見え。午後5時からはライトアップされ、幻想的な景色を演出する。

 お気に入りの一枚をエントリーするフォトコンテストでは高さ2メートルほどの造花のブーゲンリースなど多くのスポットが用意される。アクセサリー作りなど体験プログラムもある。植物ガイドによるピクニックツアー(500円)は育て方など豆知識が紹介され、参加者にはミニスイーツがプレゼントされる。

 広報担当の新垣翔子さんは「日本最大級のブーゲンタワーはここでしか見ることができない。春を楽しみながら園内を巡って植物を楽しんでほしい」と話す。 午前9時~午後10時(最終入園は午後9時)。4月1~4日と7日は午後6時(同午後5時)。大人1500円、高校生・シニア千円、小中学生500円。3月31日までのイルミネーション点灯の夜は大人・シニアが1800円。問い合わせは同園、電話098(939)2555。