上間フードアンドライフ(上間喜壽社長)は28日、沖縄らしい高級仕出し弁当を取り扱う新ブランド「仕出し上間」を発表した。3月中旬には、本島全域で提供を始める。同社のブランドとしては、弁当や総菜を扱う「上間弁当天ぷら店」、北谷町の「上間天ぷら沖縄そば店」、ケータリングの「CATER4U」に続き四つ目。

新ブランド「仕出し上間」を発表する上間フードアンドライフの上間喜壽社長(中央)ら=那覇市の沖縄産業支援センター

観光・MICE需要見込む

 国内外の観光客数や、企業の報奨旅行や展示会といったMICE(マイス)の件数が増えていることを踏まえ、高付加価値の仕出し弁当にニーズがあると判断したという。イベント後の懇親会などでの飲食需要は「CATER4U」で取り込む狙い。

 「仕出し上間」の弁当の価格帯は、税込み1200円から4800円の4種類で、メニューは計9種類。4800円コースは、壺屋焼の湯飲みに入れた温かいお茶、ランチョンシート、テーブルセッティングが付く。商品開発は、那覇市のTRATTORIA Lamp(トラットリアランプ)の上江田崇店主、ロゴやホームページなどのデザインはレネミアの金城博之デザイナーが担当。木目調の弁当箱をデイゴの葉に見立てた紙で包み、紅豚ローストビーフやミミガーのあえ物など県産食材中心のメニューにこだわった。

 商品は沖縄市内の自社工場で製造し、自社の物流部門が配送する。1日最大千食に対応できるという。上間社長は同日、那覇市内で会見し「風土とFOOD(食)をかけた沖縄らしさのある弁当」とPRした。