600年以上の歴史があるとされる琉球漆芸。しかし生活様式の変化などから生産額は年々減り、2017年は7471万円と、ピーク時の約10分の1に落ち込んでいる。従事者も42人と06年比で半減するなど、「衰退」が進む中、技術の継承から一般への普及まで幅広く支援する琉球銀行の事業が始動する。