【名護】沖縄総合事務局北部国道事務所は1日、2021年夏リニューアル予定の道の駅許田の完成イメージを公表した。駐車場を現在の160台分から約250台に増やす計画で、高速バスの停車スペースも確保する。

道の駅許田完成イメージ(北部国道事務所提供)

 観光客の増加に伴い、道の駅許田では3~4年前から駐車場不足の声が寄せられていた。駐車スペースを1・6倍に増やし、また国道両側に駐車場を設けることで上りと下りの利用者双方の利便性向上を図る。

 新道の駅許田は、現在の道路情報ターミナルを立て替え、展望テラスや多目的スペースを整備。国道両側のターミナル施設は連絡通路で結ぶ。

 道の駅の駅長を務める大城博克氏は「駐車場の台数が大幅に増え、多くの観光客が来てくれることと思う。非常にうれしい」と話した。