沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古で活断層調査 新潟大研究者ら「明確にすべき」

2019年3月3日 08:43

 新潟大学の立石雅昭名誉教授(地質学)と応用地質研究会のメンバーは2日、活断層の可能性がある沖縄県名護市の楚久断層と辺野古断層の調査を始めた。立石教授は辺野古の新基地建設について「少なくとも、活断層があるかないかを明確にさせるべきだ」と話した。

楚久断層について説明する立石雅昭さん(左)=2日、名護市・楚久川砂防ダム

 今回は、活断層による地殻変動や地質構造を明らかにするためのトレンチ調査や音波調査に備えた事前調査。楚久川砂防ダム周辺では地質などをチェックした。また、海上では米軍キャンプ・シュワブ沖の長島や大浦湾岸の、波によって浸食されたくぼみ(ノッチ)を撮影した。ノッチの撮影データを処理し、隆起の違いによって活断層の動きを示せるという。

 調査は4日まで行い、その結果に基づいた本格的な調査は5月から行う予定。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください