「やっぱりステーキ」を運営するディーズプランニング(那覇市)は2日までに男性従業員が、不適切な動画をインターネット上に投稿したとして謝罪した。アルバイトの男性2人が、ドリンクサーバーにストローを差してジュースを直接飲む動画をインスタグラムに投稿していた。同社は従業員教育を徹底し、管理体制を強化するとしている。

スマートフォン(資料写真)

 従業員は昨年6月に投稿していた。今年1月下旬に発覚し、店舗側が解雇した。動画は他のアカウントやサイトでも取り上げられて拡散しており、2日現在で閲覧が11万件を超えている。

 最近では、大手飲食店チェーンやコンビニなどのアルバイトが店舗内での悪ふざけをSNSに投稿して、ブランドイメージを損なう「バイトテロ」が全国的に相次ぎ、社会問題化している。