沖縄タイムス+プラス ニュース

稲福杯バド:主将執念 シングル決着

2014年4月28日 06:50

 男子決勝も、決着は玉野清大(沖国大A)と祝嶺春俊(ヨネックス)のシングルス戦にもつれ込んだ。第1ダブルスを落とした主将の玉野は「みんなの力でシングルスまで回してくれた。絶対に取る」と、気迫のプレーで2-0のストレート勝ち。「優勝を弾みに、インカレ切符をつかみたい」と意欲を示した。

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気