沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地、活断層の可能性高 専門家が調査

2019年3月5日 05:00

 【名護】活断層の可能性がある名護市の楚久断層と辺野古断層の周辺で2~4日、調査した新潟大学の立石雅昭名誉教授(地質学)は、堆積物の比較などから「両断層が活断層である可能性が高まった」とした。活断層の有無を明確にしないまま国が進める辺野古の新基地建設を危惧。今後、本格調査を県に要請する。

くぼみ(ノッチ)と地殻変動の関係について話す新潟大学の立石雅昭名誉教授=3日、名護市豊原

 立石さんは応用地質研究会の有志と、活断層の本格調査に向けた事前調査をした。両断層に近い市豊原と安部の地質を調査。40万年前より新しい時期の堆積物が豊原で確認でき、安部にはないことから「同じ地殻変動をたどった場合、この違いは生まれない。辺野古か楚久の断層が変動した結果の違い」と推測する。海上では、長島などで波によって浸食されたくぼみ(ノッチ)の高さを測定した。ノッチの高さを比較すると断層の動きが明らかになるため、次は大浦湾両岸を予定する。

 今後の本格調査では、陸上で実際に掘削するボーリング調査やトレンチ調査、海上は音波調査と大規模な作業になる。立石さんは「県民の安全を担保するためにも防衛省、県に調査の実施を要請したい」と話す。

 政府は2017年に「辺野古沿岸域に活断層が存在するとは認識していない」とする答弁書を閣議決定した。立石さんは「政府の根拠は文献に記載がないというだけ。地質調査を実施したはずだが、データを公開せず根拠にもしないのはなぜか」と疑問視する。

 活断層だと地震や地表のずれを起こす可能性があり、「護岸や滑走路が損壊する。海底に緩い砂質の層が広がっていれば地震の震動で液状化が起こり、沈下もある」と懸念。「何よりも弾薬庫が爆発すれば、近隣住民や海に重大な被害を与える」と危険性を指摘し、一日も早い本格調査を求めている。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目トピックス