2020年3月卒業予定の学生らを対象にした合同企業説明会「タイムス就職フォーラムMEGA」(沖縄タイムス社主催)が4日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた。小売り、飲食、金融などの幅広い業種から過去最多の68社がブースを構えた。700人の学生らが訪れ、人事担当者や先輩社員の説明に聞き入った。

多くの就活生が詰め掛けたタイムス就職フォーラムMEGA=4日午後、宜野湾市・沖縄コンベンションセンタ-展示棟

 好景気による人手不足で、県内でも学生優位の売り手市場が続いている。

 イオン琉球は新規出店の計画もあり、採用予定人数も増える傾向にあるという。人事担当者は「お客さま目線で考え、行動できる人材を求めている。多くの学生と触れあい、優秀な人材を採用したい」と意気込んだ。

 沖縄ツーリストの担当者は「語学やITといった強みがあった方がいいが、まずはチャレンジ精神を持っている方に来てもらいたい」と話した。