第一交通産業(北九州市)は4日、那覇バスターミナル内に人工知能(AI)を使った多言語対応のバス路線案内システムを設置した。タッチパネル操作や直接話し掛ける音声システムの2種類あり、目的地までの最適なルートを表示する。英語、中国語、韓国語にも対応している。

那覇バスターミナル内に設置された、ディスプレー型(左)とロボットタイプの経路案内サービス機器=4日、同ターミナル

 ロボットシステムの製造などを手掛けるciRobotics(大分県)と共同開発。シーサー形のロボット案内システムは目的地を話しかけるとAIが最適なルートを検出し音声で回答。検索結果の印刷機能やスマートフォンとの共有機能もある。

 このほか、交通関係のシステム開発を手掛けるモバイルクリエイトやNTTドコモ九州支社が製作したディスプレー型の「おしゃべり案内板」は、画面に表示される女性キャラクターが観光地までの路線情報を紹介。また、緊急災害情報も多言語で提供する。

 同案内板は5月末までの設置となっており、利用結果などを踏まえ、商品化を判断する。将来的には観光地情報を提供するガイド機能の追加も検討している。