沖縄タイムス+プラス プレミアム

【解説】言葉と真逆の姿勢 辺野古で新たな護岸整備

2019年3月5日 12:07

 沖縄県の玉城デニー知事が県民投票で示された辺野古埋め立て反対の結果を日米に通知したわずか3日後の4日、政府は新たな護岸の整備に着手した。投票結果を「真摯(しんし)に受け止める」とする安倍晋三首相らの言葉とは真逆の工事の推進は、新基地建設の既成事実化を狙う政府の本音がにじむ。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください