全国的な人手不足の影響で学生優位の売り手市場が続く中、経団連は2021年卒から、企業に求めてきた採用活動日程に関するルールを撤廃する。現行の日程ルールで就職活動に取り組む20年春卒業の学生からは「自由度が広がる」「チャレンジできる回数が増える」と評価の声が出た。