飼育放棄などで県内行政機関に収容され、引き取り手が見つからずに殺処分される犬と猫が後を絶たない。県の統計によると、2012年度の収容総数は前年度に比べて485頭増えて7728頭(犬・3451、猫・4277)。殺処分数は342頭多い6604頭(犬・2513、猫・4091)で、2年ぶりに増えた。