サトウキビの搾りかす「バガス」を微粉末化した「ウージパウダー」を利用する飲食店などが増えている。県産農産物の粉末加工を手掛ける沖縄パウダーフーズ(糸満市、平良武雄社長)が製造。県学校給食会が4月から給食用物資として採用したほか、複数のレストランや居酒屋が活用。