三十三フィナンシャルグループ傘下の三重銀行(三重県四日市市)は5日、北勢市場支店(同)で5月22日から原則水曜日を休業にすると発表した。金融庁によると、企業や個人事業主が決済で使う当座預金の取扱店舗の平日休業は全国の銀行で初めて。店舗運営を効率化しコスト削減につなげる。

 同支店は野菜や魚などを扱う公設の北勢地方卸売市場の敷地内にある。水曜は休場日で支店の来客が少なく、影響は小さいと判断した。常駐する支店の行員4人は水曜も近隣の店舗で勤務して顧客対応を手厚くする。水曜でも市場が開く日は営業する。(共同通信)