昨年8月、米軍普天間飛行場の移設問題で県外を主張していた仲井真弘多知事の軟化を狙い、米政府内で、MV22オスプレイの分散配備検討を表明する案が協議されていたことが30日までに分かった。複数の米政府筋が本紙に明らかにした。