28日に高度約75メートルまで降下するトラブルが発生したピーチ機で、再上昇の理由として客室乗務員が「急な気象の変化のため着陸を見合わせた」などとアナウンスしていたことが30日、乗客への取材で分かった。