JA沖縄中央会は5日、国家戦略特区の農業支援外国人受入事業を活用した外国人材の派遣開始に向け、ベトナム人を中央会に採用する入会式を開いた。23〜37歳の16人が入会。3日間の研修の後、8日から7農家に派遣される。特区を活用しての外国人受け入れは県内初で、中央会が受け入れ機関となるのは全国で初めて。