沖縄県地域保健課は6日、1月16日から7週間続いていた県内のインフルエンザ流行の警報を解除した。58カ所ある定点医療機関当たりの報告数は、2月25日~3月3日で9・72人となり、警報を解除する基準の10人を下回った。

 県内では、1月9日にインフルエンザ注意報、1月16日に警報を発令し、1月14日~20日をピークに患者が減少していた。