コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の本格的な競技大会「ITOYAかりゆしeスポーツ杯2019」(主催・糸満青年会議所、県eスポーツ協会)が4月21日、糸満市のNBCサムシングフォー西崎で開かれる。6日、同市で関係者向けの大会説明会があり、同会議所の徳松安則理事長が「新たな交流人口の創出につなげ、南部の地域創生につなげたい」と意気込みを語った。

eスポーツの競技会「ITOYAかりゆしeスポーツ杯2019」をPRする大会関係者ら=6日、糸満市・NBCサムシングフォー西崎

 同大会は対戦形式で、人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」に収録されているサッカーチームを2人1チームで操作し勝敗を競う。対象は6歳以上で、参加には事前登録が必要。定員は先着順で64チーム(128人)。参加費は1チーム2千円となっている。

 また、同日はアニメや漫画のキャラクターに扮(ふん)するコスプレーヤーを集めたイベントも同時開催する。問い合わせは同協会、電話098(975)5552。