沖縄タイムス+プラス ニュース

「K8」護岸で砕石投下 着手発表後に初確認 辺野古新基地

2019年3月7日 12:42

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部の新基地建設で7日、大浦湾側の護岸「K8」工事の砕石投入が確認された。監視を続ける抗議船の船長によると、初確認という。

名護市辺野古の新基地建設で、「K8」護岸の工事着手後、初めて砕石投入が確認された=7日

 クレーンでダンプから砕石を降ろし、袋状の網から海に向かって投入した。隣の重機がシャベル部分で砕石をつき固めるような様子も見られた。沖縄防衛局が4日に着手を発表し、汚濁防止膜を設置していた。

 他の護岸でも建設作業が確認された。「K9」では埋め立て用の土砂を運搬台船からクレーンでダンプに積み替えていた。埋め立て地点まで運ぶダンプが列をつくっていた。

 「K4」の上には白い防砂シートがあった。埋め立て用の土砂が外海に流れ出るのを防ぐため、設置を進めていたとみられる。

 新基地建設に反対する市民たちは抗議船2隻、カヌー5艇を出して作業に抗議していた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気