安倍晋三政権が集団的自衛権の行使容認を目指す中、県議、県関係国会議員へのアンケートでは6割を超える多数が行使に反対し、行使した場合の沖縄への影響についても在沖米軍基地を背景に「悪影響」があるとした人が過半数に達した。