那覇市の真地交差点で道路交通法(道交法)の指定通行区分違反でない直進車両を誤って取り締まっていた問題で沖縄県警交通企画課は7日、2012年1月~18年3月に他の交差点でも誤った摘発が41カ所59件あったと発表した。県警は対象者の違反点数の取り消しを終え、反則金の返還を進めている。

県内で誤った取り締まりが多かった交差点

真地は2年で153件

 那覇市真地の県道82号と県道222号を結ぶ真地交差点では、16年3月~18年4月の約2年間に同違反で153件の誤った摘発があった。昨年6月の問題発覚後、県警は保存している全ての交通反則切符(約3万5千件)を対象に調査した。

 交差点での同違反での摘発は全体で3889件あり、うち59件が道交法違反ではなかった。

 最多は与那原西交差点(与那原町)の9件。国道331号から県道240号に右折した運転手が誤って摘発されていた。

 同課は「道路の新設などの際、県公安委員会による交通規制が適切でなく、県警としても確認が不足していた部分もあった」とし、今後は道路標示と交通規制の照会を徹底する方針。