沖縄市が進めている1万人規模のアリーナ建設工事で、野党市議と一般の男性市民がそれぞれ違う時期に関連資料の情報公開請求したところ、議事録などの内容が大幅に異なっていたことが7日分かった。市議の文書は要点のみにとどまり、会議に出席した一部の企業名も書かれていない。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。