【宮古島】防災意識を高めて非常食の常備につなげようと、市は2月21日、市内33小中学校の給食で非常食を提供した。温めずに食べられるご飯入りの「救給カレー」や缶詰の桜桃、海藻サラダなど災害時に手軽に食べられるメニューを用意。子どもたちは災害が起きた場合の備えの大切さを実感した。