2013年度に県民生活センターに寄せられた苦情相談で、アダルト情報や出会い系サイトなどインターネットに関する「デジタルコンテンツ」が約14%に当たる約770件に上り、3年連続で最多となることが同センターの速報値で分かった。