将来、人口減少社会が到来する可能性があることに「危機感がある」とする県内の自治体が離島を中心に20市町村(48・8%)に上ることが、県地域・離島課の調べで分かった。