「きょう、無事に中学を卒業できてとてもうれしい」-。終戦後の混乱で学校に通えず、民間の夜間中学校で3年間学び直した牧野順子さん(76)が8日、籍のある那覇市の寄宮中学校(仲盛康治校長)で卒業証書を受け取った。読み書きもままならないまま女手一つで子どもたちを育て上げ、大病さえも乗り越えた人生。