【南城】国内で最も小さいイワサキクサゼミが4月27日、南城市の知念海洋レジャーセンター周辺で鳴き始めた。ヒルガオや月桃の花の上に体長1・5センチのクサゼミが留まっている様子を、職員の屋比久敬裕さん(44)が撮影した。沖縄気象台は同29日、市玉城での初鳴きを観測した、と発表している。