4月21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙に「オール沖縄」勢力の支援を受け立候補を予定しているフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)は10日、沖縄市内で政策を発表した。最重要政策として、名護市辺野古の新基地建設によらない米軍普天間飛行場の即時全面返還を掲げた。