【多良間】多良間島の北側の海岸で4月29日、フクロウ科の鳥が、浅瀬のサンゴの上で羽を休めているのが確認された。住民らは「こんな場所に鳥がいるなんて」と驚いている。  本州北部や北海道で夏鳥、本州南部で留鳥として見られるコノハズクか、県内に留鳥として生息するリュウキュウコノハズクとみられる。