沖縄県石垣市新川の県立石垣青少年の家(新﨑善國所長)でこのほど、「青少年の家まつり&遊びリンピック」が開かれた。草滑りや火おこしなどユニークな遊びや体験があり、多くの親子連れでにぎわった。

子どもたちの人気を集めた草滑り=石垣市・県立石垣青少年の家

 青草に覆われた屋外広場の斜面にクロツグ(マーニ)の葉を敷いたスロープをスノーボートで滑る草滑りでは、何回も楽しむ子も。和田拓己ちゃん(4)は「いい感じで楽しい」と満足そうな表情を見せた。

 火おこしは、木の棒を回転させて摩擦熱で発火させる舞錐(まいぎり)式道具で挑戦。20分ほどで煙が出始めると、感激する人も。市登野城の吉田叡立さん(10)は「煙が続かず苦労した。こんな道具もなかった大昔はもっと大変だったと思う」と話した。

 ほかに「グッピー&スーパーボールすくい」、シャボン玉やこま回し、ヨーヨーなどの昔遊びも好評だった。(太田茂通信員)