【国頭】名護市三原の眞喜志康弘さん(57)が8日午前1時50分ごろ、国頭村謝敷の林道で、ヤンバルクイナを飲み込んでいる最中のハブを発見した。眞喜志さんはヤンバルクイナを吐き出して逃げたハブを捕獲。おなかの中からは、飲み込まれていたヤンバルクイナの卵4個が見つかった。