米国人の海洋生物学者、キャサリン・ミュージックさん(66)がキャロライン・ケネディ駐日米大使宛てに、新基地建設が迫る名護市の大浦湾に潜って多様性を体感するよう招待する手紙を書いた。「沖縄本島に残る最後の素晴らしいサンゴ礁を守るために、私と沖縄の人々に手を貸してくれませんか」。