沖縄県平和祈念財団は東日本大震災から8年を迎えた11日、糸満市摩文仁の平和祈念公園で、福島県産の種から育てたヒマワリの迷路をオープンした。無料で4月11日まで。

福島県産の種から育ったヒマワリの迷路を楽しむ子どもたち=11日、糸満市摩文仁の平和祈念公園

 沖縄戦と震災の記憶を伝えるイベント。セレモニーでは市内の保育園児ら約320人が黙とうをささげた後、元気な笑い声とともに花の迷路を楽しんでいた。

 園児らが昨年11月、約700平方メートルに種をまき、約5000本が咲いた。

 福島県との交流や被災地支援に取り組む福島・沖縄絆プロジェクトの鈴木伸章副理事長(71)によると、震災後、福島で育てたヒマワリから種を採り、沖縄で育てて再び種を福島に届けて栽培するという絆づくり。

 今年は高さ約3メートルまで伸び、今までで一番大きく育ったという。

 訪れた市糸満のみなみ保育園の安村苺花ちゃん(6)は「元気に育ってうれしい」と花を見上げ、にっこり笑った。