11日の母の日を前に、那覇市の介護サービスセンターゆいまーる松川は9日、女性利用者12人にネイル体験をしてもらった。長い人生で初めて爪を彩る人もいて、プロの技に「上等」と満面の笑みを浮かべた。  センターの一室は始まる前から利用者が集まり、「どきどきする」「順番まだね」とはしゃいだ。