津波浸水想定の設定にあたり、学識経験者の意見を聞く県津波浸水想定設定検討委員会(津嘉山正光委員長)が8日、発足した。前回の設定後に新たに分かったことがあり、見直す必要が生じたため。委員らの提言を踏まえ、県は今秋にも新たな浸水想定結果を取りまとめる考えだ。