宅配事業国内最大手のヤマトホールディングス(東京都、木川眞社長)はANA貨物ハブを活用して、香港に展開している国際クール宅急便を早ければ年内にシンガポールと台湾にも広げる。