県産黒糖の消費拡大を図るイベントが10日、南風原町のイオン南風原店で開かれた。「5月(こく)10日(とう)」の語呂に合わせた「黒糖の日」の催しで、県含みつ糖対策協議会(会長・山城毅県農林水産部長)が主催した。県内8離島の産地別の黒糖の展示や即売、菓子や飲料などに加工して使う業者が多数出展。