【東京】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設事業について、政府がボーリング調査と実施設計後に予定する本体工事の着工時期を、来年春ごろから今秋に前倒しする方向で検討していることが10日、分かった。政府関係者が明らかにした。