沖縄タイムス+プラス ニュース

自民党沖縄県連・会長に中川京貴氏で調整 県民投票の選択肢増で混乱、前会長辞任

2019年3月13日 07:40

 自民党県連は、照屋守之前会長の辞任で空席となっている県連会長に、現副会長の中川京貴県議(56)を充てる方向で最終調整に入ったことが12日、分かった。県連は23日の県連大会で新会長を選出する。複数の関係者によると、県議を中心に中川氏を推す声が強く、県連態勢の立て直しに期待が集まっているという。一方、宮崎政久衆院議員や西銘恒三郎衆院議員を推す声も一部にあり、県連内での最終的な調整が続いている。

中川京貴氏

 県連会長を巡っては、会長を務めていた照屋氏が県民投票で「2択」から「3択」とする条例改正に賛意を示したことに県連内から異論が噴出。混乱の責任を取る形で2月4日に辞任し、空席となっている。(政経部・大野亨恭)

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS