【うるま】「第10回子どもノンフィクション文学賞」(主催・北九州市)の選考委員特別賞に、天願小1年の名護翔哉さん(7)=うるま市=の書いた「がんばりマン」が選ばれた。586グラムの超低体重出生児だった名護さん。生後4カ月に気管切開をした。