日本レスリング協会は10日、2020年東京五輪に向け強化する「ターゲット選手」39人を発表し、4月のJOC杯全日本ジュニア選手権で優勝した男子グレコローマンスタイル71キロ級の屋比久翔平(浦添工高-日体大)、同98キロ級の宮國雄太(浦添工高-国士舘大)の県勢2人が選ばれた。